FC2ブログ
3月5〜6日とサマーチャレンジを考える会に参加し、1年半ぶりに会う人らと旧交を温めた。
2つやることがあって、卒業研究発表と今後のサマチャレのあり方を検討するというものだ。
1日目は主に素粒子関係のセッションで、相当数の人がそういう研究分野に進んでいるということが分かった。
私が興味もった分野は少なかったが、それでもいろいろな話をすることができてよかった。
2日目は私は発表だった。
やっていることはやはり極めて特殊なところだと思った。
ただ、そういう分野にいる人も多少存在しており後で興味深かったという声が聞けて、発表してよかったなと。
あり方検討会は、やや巻き込まれる形ではあったけどもいい提案はできたのではないかと。
やや難しいものを知らない人らと取り組んで解決を図る。
これは、非常に大事なことだと思う。
科学は結構大きな装置を使うことも増えているので、そうなると必然的に複数人とで研究に当たる。
アインシュタインのように1人で論文を書くことの方が少ない。
ともすると、そういう交流するスキルは大事だ。
そう思える2日間であった。
スポンサーサイト



さて、サマチャレをおえて帰る日です。
疲れていたのか、ギリギリになって起きました。
それから帰りはお土産を買うために秋葉原へ。
初めての秋葉原は怖かったですね。町並みがなんとなく不気味でした。
さっさと買って帰ろうとしたところに、偶然に同じ大学のやつと遭遇。何しているのかと思ったらアニメのライブだと。私としては、なんとも思っていませんですがなんとなくバツが悪そうにしていました。
それから新幹線乗り場まで行き、京都に戻ってきました。
ヘトヘトになっていましたが、両親が森見登美彦のサイン会に行ってきてくれていたので、それで疲れがふっとびましたね。

さて、サマチャレの話はこんなものです。
科学者を志したいという人はぜひとも参加した方がいいとは思います。
何かを体験することで、自分の人生を考えることができるチャンスです。
是非とも、来年8期生としてやりたいひとは頑張ってください。
やりたいから行く。これが大事です。
さてさて、これが最終です。
朝からずっと研究発表をするための準備にとりかかりました。
他班ではハリーポッターを見るという目標を立てるのですが、だいたいの班が徹夜であります。
私に班も例に漏れず、2人が解析をメインで担当し、2人が誤差発生の検証。もう2人ほどが、パワポを作るという形で動いていました。
誤差発生の検証の方では、実験でこういう場合を想定した時、どれくらい差が生じるのかを調べていました。
解析は、およそ30近くのデータを誤差を含めて検証しました。
そうして、夜が刻一刻とすぎ、最初のパワポが出来たのが夜の3時過ぎ。
そこからTAの人と相談しながら、パワポを作り、発表練習を繰り返して朝の7時頃にようやく完成。
一番乗りで提出しました。
私はこのとき、相当の吐き気と眠気に襲われていて死にかけていましたね。あはは。
そこから、抽選で発表が最後の方になると、前の席に陣取って死んだように眠っていました。
そのころ発表していたみなさんごめんなさい。
でも、徹夜だったので死にそうだったのです。
いいわけタイム終了。
午後からは復活して他班のパワポを見ながら疑問やら興味に思ったことを質問でぶつけたり、自分の班の発表をしました。発表はテンションをあげて、少しばかり誇張してやりましたね。
それがすべて終わると修了式です。
校長と機構長から1人ずつ名前を呼ばれて賞状を手渡しされました。
そのあとTAの方と写真撮影。プライバシーのこともありますので今回は載せていません。
写真 4
写真 5

そのあとは打ち上げです。
ここで帰ってしまう人もいますが、大概はここではしゃぎましたね。
私はいろんな人と写真を撮りながらお酒を堪能していましたが、お茶の水の子がお酒をがんがんに勧めているのを見てこわがったり、同じ班の子に酒がないと絡まれたり、今年でサマチャレ本部をお辞めになる本田さん達のサプライズをしたりしましたね。それから2次会へと流れ込みお世話になったTAの人達とちびちび飲みながら最後のひとときを楽しみました。
楽しかったですね。

この日は講義がなく、午前中からずっと解析をしていましたのであまり進展はなかったですね。
午後からはKEKの羽澄さんの講義がありました。
この先生、あのBファクトリーにも関わっている人で、世界をまたにかけている物理学者といっても過言ではない人でした。
その人から、基礎的な宇宙論を学んだ後、午後から観測しましたが、あいにくの天気であることと、装置で液体窒素が漏れていたこともありあえなく断念しました。
それからは早めに就寝し明日に備えるという、この日がなんていうことない日でしたね。
明日がいよいよ地獄でございます。
今日は最後の講義でした。
最初は放射線のお話です。鳥居さんという方でした。
さてさて、昨今話題になっている放射線ですが、あなたはどれほど理解していますか?
岩波の「科学」でもありますが、放射能のことやらは分かってはいないのです。
放射線のリスクはどれほどのものなのかの評価は正しくはできないのです。
死なないのかもしれないし、死ぬかもしれない。
はっきいえば、交通事故のほうが死ぬ人の方が多いです。
でも、放射線のリスクは健康だけでない。
本当に大事なのは寺田寅彦がいった言葉。
『ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしいことだと思われた。』

その後は東工大の黒川先生でしたが、この先生の言っていることは支離滅裂です。
言いたいことはただ1つ。ゼータ関数love

午後からは演習ですが、この日はあいにくの天気。さらには装置が故障ということもあり観測を行いませんでした。
仕方なく夜は、解析を続けましたね。
この日は、午前中は行けなかった東海キャンパスに何があるのかと、つくばキャンパスの説明がありました。
残念なことに、事故のため行けなかったのですがご丁寧に教えてくれました。
午後からバスに乗って、5つの場所を見て回りました。
最初の2つは生物構造を調べるためのところで、シンクロトロン放射が起こる箇所にそういう装置が置かれています。
私が見たのはX線で有機物の結晶構造を調べるところでした。
やはり、こういう操作も機械でやるような形式になっていました。説明してくれた人によると、なかなかに構造解析が難しいものが最近では多いらしいです。
また、ベル加速器の跡地も見ることが出来ました。
いまは、ベルⅡ加速器を作っているのですが、そこはまだ完成していないため以前の装置が残ったままになっています。そのため、使われていない装置を見ることが出来ました。

終わった後は、懇親会です。
つくば市内のお店で行いました。TAの人と同じ席になって、たとえば彼女をサマチャレで作ったとかさまざまな話を聞くことができましたね。ここで、いろいろ訊くのはいいことです。
また、ここでは各班が実験の紹介やら、芸をやりましたね。お酒が入ると勢いが違いましたね。
そんなわけで楽しい1日でした。

写真 3-1
写真 1-1
写真 2-1
写真 2
この日の講義は京大の白水先生が行いました。
これを書きながら、平野啓一郎と野口健のインタビューのやつを見ています。
この先生の講義は本当にむつかしかったですね。
というのも宇宙の膨張の式を作ったアインシュタインの考え方を学びつつ、テンソルも学べるというものでした。
黒板をつかい、どういう風に考えるのかを学びましたが、やはり時間が短いのでけっこうはしょられました。

明解量子宇宙論入門 (KS物理専門書)明解量子宇宙論入門 (KS物理専門書)
(2013/03/22)
吉田 伸夫

商品詳細を見る


ということで、上の本を参照にするのがいいと思います。(勿論、一般相対性理論の本でもいいですけど)
なかなかに楽しい授業でした。インフレーション宇宙論をやりたい人はこういう天体核をやるのがたのしいと思いますね。

これが終わったらすぐさま演習ですね。
この日は夜の演習はないので、ずっと演習で必要なものを計算してました。
この日はビーム角の測定をしていましたね。

この後はキャリアビルディングに行きました。
司会は野尻さん。
また、強烈でしたね。司会の仕事しようよ(笑)。
結構いろんな質問がありました。
結婚に関してだとか、就職についてだとか。
あとで、校長とかそのキャリアビルディングに出席にしていた人と話す機会があったのですが、奇をてらった質問がきて欲しかったようですね。それでも、こういう質問をすることはなかなかによかったと思います。

さて、これから後半です。余裕がこれからなくなっていきましたね。 
次に続く。
ここぐらいになると徐々に疲れてきましたね。
陸上を見ていた友人とお酒を飲みながら、次の予習でこういうことをやったのだけどもというのを話していました。(前日)
午前中の講義は原子核物理で、原子核の性質をさまざまな角度から見るものでいたが、残念なことに私はあまり興味がなくて寝てしまいました。
いけないですね。

午後からは同じく実験のデータを正しく誤差判定するための実験を行いました。
そこで、誤差がどのように生じるのかを考え、それを示すためにはどうしたらいいのかを考えつつ装置を組み立てました。
Rw8m0EwSfI2gSyJFaMzC3HR_bS5eBS7cknsCJzDZrBM,ROFd1hOrmpai4cNqEh9sSv4BSbRtQMcg-OsR6npxL3M
(クリックしてみてください)

今日も天気がよく、装置を外に出して観測を行いました。
そこで、各自の大学の話やらTAさんとも交えていろいろ話しましたね。
こういうこと、すごく大事だと思います。
さてさて、この後はどうなってくのでしょうか?
サマチャレの3日目ですね。
写真 3
偶然にも猫さんと遭遇。触られてくれました。
この日は昨日の疲れが残っていたのと、友人らが世界陸上を見ていたということでいいなーと思いながら朝から講義に向かうところですね。
素粒子の講義で、東大の駒宮先生が講義をしてくれました。
ヒッグス粒子のことを交えつつ、標準理論がどのように考えられてきたのかをやりました。
いやー、この先生の話は面白い。
所々にネタを挟んできたのがつぼでした。私の中では大ウケ。
それでも、内容はすごく丁寧で分かりやすかったですし、ちゃんと考えることを主眼においたものでした。

午後からはちょっと買い物をしたあと(お酒です(笑))から昨日の続きを行いました。
電圧と光のパワーを計算するためにデータを集めて、それを誤差も含めてデータ処理しました。
私の実験は、解析が一番しんどいところだとは思います。
(聞くと、3Dプリンターの人達はそのものを作って、実験し、光子が出ればよかったらしいです)
今日は天気がよく、観測のしがいがありました。
天候に恵まれていたのですぐさま観測ということをしました。
実験は天候との勝負のため、データは取れるときに取らなければなりません。
そのため、晩ご飯(19時)を取ったら、22時近くまでデータを取っていました。おそらく、初日からこんだけ遅くしている班はなかったと思います。
それでも最初からものすごく、楽しかったですね。
いよいよ開講であります。
写真 1

KEKの中はこんな感じで、1つの街のようになっています。
SFで、ある男の人生が作られた街の中だけで帰結するという話があるのですが、そういう感じを受けました。
朝は、9時に小林ホールというところで集合になります。
最初は小沢校長による話があり、特別講演として小林誠先生の講演がありました。
聞いた話によれば、あまりお話がうまくないとのことでしたが、それでもCP対称性の破れの話が出来たのはすごくよかったですね。

少し休憩した後、立て続けに講義がありました。
最初の講義は加速器を動かすことによって発生するシンクロトロン放射(主に円形加速器はこれに悩まされている)をもちいてアミノ酸などの構造を調べることをしているというお話でした。
これは、つくばの方にある研究施設を見学したときにも見ることはできました。
その次は加速器について。
加速器がいまどのような状況になっているのかを歴史を紐解きながらの講義でした。
リニアコライダーの話があったのですが、そこではLuminosityがいかに大事か、日本も世界から期待されているのだという話がありました。
世界からの期待というのは壮大だとは思いますが、いつか全世界の国にいる人が一丸となって研究出来ればと思います。まだまだ希望ではありますけど。


午後からは演習でした。
私の班は夜をメインにした実験だったので、夕方までは実験に必要なデータを求めたり、実験データを解析したりしていました。
最初は実験に必要な知識を得るための講義です。
1つ目はプランクの式からレイリー・ジーンズの式を導くこと。
その線形性を確認したら、どのように求めたい物理量を考えるかを行いました。
さらには、冷媒の使い方の注意をし実際に装置を触りました。
O88EjV2iMRG5Vrvvifr5wogwy9vsqUrjaixFKjYrO0Q,fGG9WW6d1LaxUCS3c2zEVxdjQjKhbeq44B378IAyJfw
実験装置はこんな感じです。

午後は夕食会があり、班長になった人は班員と実験の紹介をしました。
ここで、怖いと思ったのが班員の女の子でしたが、そこの話は割愛で(笑)

プロフィール

水妖の音楽

Author:水妖の音楽
京都大好き大学生。
2009年 天文学会参加
2013年 サマーチャレンジ  
2015年 夏の学校
現在天文学を勉強中の大学院生
主にあわぎゃらくしーをやっていますが、銀河とつけばなんでも面白がります。
思想の根本は荘子であるため誰かしらに与することはしません。
身体論、哲学の類いの話も好きです。
趣味は読書とクラシックと絵画をみること山登り。
籘真千歳先生のファンです。
SFが特に好きです。森見登美彦さんも好きでサイン本を持つほど。ライトノベルは半分の月がのぼる空。ホラーなら玩具修理者。
クラシックはアリシア・デ・ラローチャやバーンスタイン、佐渡裕、カツァリス等が好み。
絵はマグリットやら、ルドン、川瀬巴水、ドミニク・アングル

最新記事
最新コメント
Twitter
ゆるりと呟きます。呟くまえに喋ってしまいますが… 気になった方はフォローしてくれるとありがたいですが、人次第でブロックするかもしれません。そのときはごめんなさい。
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー
初音ミク-Project DIVA-F 2nd
閃の軌跡
要予約
最新トラックバック