FC2ブログ

教え育てるとはなんだろうか?

今教育に携わったり、それに興味ある人らが話している内容が今度の入試改革である。
この改革で根幹というのが、創造ということ。
創造…新しいものを初めてつくり出すこと。
言い換えると独創性を試すということでしょうか。
今までの点数重視の試験を廃止して、そっち方面を重視することと「大学入学希望者学力評価テスト」を年複数回実施し、各大学の個別入試も筆記の点数だけではなく、面接や小論文、集団討論などを活用して選抜することを意識するようになっています。
それに対して異を唱える人らが、そういう問題を論じていますが私としてそちらに与することもないです。
それよりかは、エッセイ的に思考を散逸させて教育ー教え育てることとは何なのかを書いていこうと思います。
今までも散々書いてきましたが、年末ということでまとめるという形でやろうと思います。

学問というのが始まったのはいつでしょうか?
こういうとき、文字ができない限りはよくわかりません。(もちろん、文字がなくとも絵をみることでわかることはありますが、要するに媒体とするものが残らないと分かりません)
文字は甲骨文字や象形文字などができ、それぞれのところで発展していきました。
そして、何かにそれを書き記すことで現代までそれを知ることができました。
紙ができたのはだいぶ後で、紙ができてから本というものが誕生しました。
中国では荘子、老子、孔子、墨子、孫子、韓非子などが、ヨーロッパではアリストテレス、プラトン、アルキメデスなどから古代の叡智を窺い知ることができます。
とはいえ、学問というものが役に立つかというと、すべてがそうではありませんでしたし、生きるためにやらなければいけないことがあったので、みんなが教育を受けていたかというとそうではありません。
日本でも農耕している人らは毎日の暮らしが忙しく、とても勉強をしている余裕はありません。

そこから、学問は一時的になりを潜めます。大きく変化したのは間違いなく天動説から地動説に変わった前後でしょう。
ニュートンが万有引力を示し、デカルトが哲学と数学について説き、それからドルトンの原子など大きく学問が成長していきました。
そして、日本では寺子屋だったり他にはギムナジウムのような教育機関ができるようになりました。(もちろん、まだ全員が教育を受けられるわけではないですが…)
そして、義務教育がほとんど完遂されたのがだいたい1915年ごろ。
ともするとおおよそ100年前の話になるわけです。
そして、今ではどこの国でも教育は根幹であるという認識があります。(日本の場合その意識が高いようでそうではないようですが…)

ここまで歴史をざっとみました。
とはいえ、教え育てることは何も言っていません。
そこで、ここから考えていこうと思います。

今の時代は端末があり、電波があればたいていのことを調べることができます。(情報化社会)
とはいえ、その調べられるないようというのは人間社会全体が経験してきたこと、考えたことになります。
学問は、その人間社会に対して考えたものを供給するものになります。
そこには人間の思考の産物があり、玉石混淆です。
大半が玉ではない、いいかえるとムダなものであります。
ここで、ムダが駄目かというとそうではありません。
玉がどれかわからないため、それを磨いてみることが必要です。
磨いて初めて何かに役に立つかわかるかもしれないですし、そうでないかもしれないのです。
教育とは、まさしくこのムダだとか、磨く作業を黙々と続けられる精神を養うことです。
これは、この間読んだ鷲田清一(大谷大学教授)『哲学の使い方』を引用すると、
「答えがまだ出ていないという無呼吸の状態にできるだけ長く持ち堪えるような知的耐性を身につける」
という風に言えます。(もちろん、これは哲学の話でしたが拡張して考えることができます)
とはいえ、磨くための精神を養うにはどうしたらいいのでしょうか?
それこそ、今回の大学入試改革にも繋がる話です。

中教審(中央教育審議会)はそれこそ創造性だと考えたわけです。
いままでの詰め込み教育、ゆとり教育を変えなければいけないという想いからでしょう。(どういう思惑かしりませんが)
とはいえ、新しく提案した内容はなにより変わっているようで変化はしていないのです。
ただ、逆に新しく試験を変えたことにより、財力がある家の子の方が対応が早くできるというのはあります。(ここらへん、社会派だと自称する人の中にはお金じゃないのよという人もいますが、私は言い切ることはできないと思います。何より、決めつけて物言いは視野狭窄を生み出しますから)

私は今は教育過剰がなによりこの状況を生み出していると思っています。
教育は大事ですが、今は異様なまでに入れ込みます。
し物理をやっている人からして物事は準静的にしか動きませんという認識はあります。
だから教育もじっくりゆっくりとことを変化させる。
急激な変化は混乱を生み、結局収束させることに労力を割きます。
そして、何よりも人が人を教えるということを見つめ直すべきです。

河合隼雄先生をよく思わない人も多いですけど、教師をしていた先生は魅力的だと思います。
まさしく教化する。教師の役割はそれでしょう。
教えたりすることではなく、生徒と教師という身分的な関係ではなく、人としての関係を築けた。
そこに教え育てる根幹を成すものがあると信じて疑いません。


スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

水妖の音楽

Author:水妖の音楽
京都大好き大学生。
2009年 天文学会参加
2013年 サマーチャレンジ  
2015年 夏の学校
現在天文学を勉強中の大学院生
主にあわぎゃらくしーをやっていますが、銀河とつけばなんでも面白がります。
思想の根本は荘子であるため誰かしらに与することはしません。
身体論、哲学の類いの話も好きです。
趣味は読書とクラシックと絵画をみること山登り。
籘真千歳先生のファンです。
SFが特に好きです。森見登美彦さんも好きでサイン本を持つほど。ライトノベルは半分の月がのぼる空。ホラーなら玩具修理者。
クラシックはアリシア・デ・ラローチャやバーンスタイン、佐渡裕、カツァリス等が好み。
絵はマグリットやら、ルドン、川瀬巴水、ドミニク・アングル

最新記事
最新コメント
Twitter
ゆるりと呟きます。呟くまえに喋ってしまいますが… 気になった方はフォローしてくれるとありがたいですが、人次第でブロックするかもしれません。そのときはごめんなさい。
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー
初音ミク-Project DIVA-F 2nd
閃の軌跡
要予約
最新トラックバック