スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分へのメモ

天の川銀河の構造や歴史において、金属量の勾配(おそらくFeのこと)、OH/IR星の分布が結構効いてくる。
さらに、質量分布やガスのフローの詳細を知ることは他の研究でも利益をもたらす。
天の川の構造や形態は昔から議論はされていた。(我々の銀河はどんな形をしているのか?)
渦状腕は可視と電波光度分布で特定された(同じくガスとHⅡ領域も)。しかし、星形成していない。
乱流速度か差が比較的大きいシアーを高めたからだと考えられている。
3kpcの腕や銀河中心における他の垂直方向のガスの力学はバルジ領域にてバーの証拠がある。
バーの外側は分子リングと言われていて、ほとんど円軌道で動いているように見える。
なぜなら銀河中心前方で大きな非円運動を示さないからだ。
銀河には4つの腕があって、ピッチ角で12度。

銀河の回転曲線は流体力学のモデルと星の質量モデルを合わせて測定された。(ベラ・ルーピンを考えるな)
非対称モデルは0.5kpcで普通じゃないシャープなピークを算出した。
そうすると、回転曲線はフラットになった。(ピーク後)
これはケプラー回転することを考えると奇妙なことだ。
そこでバーを導入すると、バーに沿った細長い軌道によって引き起こされたのではないかという考えになった。
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

水妖の音楽

Author:水妖の音楽
京都大好き大学生。
2009年 天文学会参加
2013年 サマーチャレンジ  
2015年 夏の学校
現在天文学を勉強中の大学院生
主にあわぎゃらくしーをやっていますが、銀河とつけばなんでも面白がります。
思想の根本は荘子であるため誰かしらに与することはしません。
身体論、哲学の類いの話も好きです。
趣味は読書とクラシックと絵画をみること山登り。
籘真千歳先生のファンです。
SFが特に好きです。森見登美彦さんも好きでサイン本を持つほど。ライトノベルは半分の月がのぼる空。ホラーなら玩具修理者。
クラシックはアリシア・デ・ラローチャやバーンスタイン、佐渡裕、カツァリス等が好み。
絵はマグリットやら、ルドン、川瀬巴水、ドミニク・アングル

最新記事
最新コメント
Twitter
ゆるりと呟きます。呟くまえに喋ってしまいますが… 気になった方はフォローしてくれるとありがたいですが、人次第でブロックするかもしれません。そのときはごめんなさい。
月別アーカイブ
カテゴリ
バナー
初音ミク-Project DIVA-F 2nd
閃の軌跡
要予約
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。